年賀状まめ知識

年賀状のまめ知識

年賀状とは

「年賀状」って何?

「賀詞」と「年号」、「名前」で構成される、新年に送られる挨拶状です。

 

賀詞の種類と注意点

「賀詞」って何?

新年を祝う言葉で、「謹賀新年」、「迎春」などのことを賀詞と言います。

賀詞にも色々なマナーがありますが、最近ではデザイン性が重視され、そこまで気にする方は減っているようです。

一文字、二文字の賀詞
……「賀」、「寿」、「福」、「賀正」、「迎春」、など

おめでたいことを表している言葉ですが、ただ単に「おめでたい」、「新年お祝い」と言っているだけになりますから、目上の方に送る場合は注意が必要です。 相手により不快な思いをさせてしまうことがあると覚えておきましょう。


四文字の賀詞
……「謹賀新年」、「恭賀新年」、など

一文字、二文字の賀詞に比べ「謹んで」、「恭しく」など、相手を敬う丁寧な言葉が含まれた挨拶です。
送る相手を選ばないので、目上の方に宛てても不快な思いをさせることはないでしょう。


文章の賀詞
……「あけましておめでとうございます」、「謹んで初春のお慶びを申し上げます」、など

文章の賀詞は、先に挙げた賀詞同様に、その文章の中の敬意や丁寧さで判断しましょう。例に挙げた賀詞は、丁寧な挨拶ですから、送る相手を選びません。

重複言葉に注意

賀詞でよくある間違いが重複言葉です。「新年あけましておめでとうございます」はよく使われている賀詞の一つですが、「新年」と「あけまして」が同じ意味で重複しています。 同じ重複でも「謹賀新年」と入れた後に、「新しい年のご挨拶を申し上げます」と二つの賀詞を入れてしまっている場合もありますので注意しましょう。


"A" Happy New Year?

また「A Happy New Year」は「良いお年を」という意味ですから、本来は年末にお届けする言葉になります。 年賀状では「A」をとった「Happy New Year」とします。 ただし、良く見掛けるもので定着した単語として認識されていますから、日本で使うことに問題はないようです。

 

年号の注意点

年号の注意点は?

賀詞と共に年賀状を構成するのが年号です。
年号は
「平成○○年 元旦」、「平成○○年 一月一日」
もしくは
「○○○○年 元旦」、「○○○○年 一月一日」
とします。
年号にも重複間違いがあります。「元旦」と「一月一日」はどちらも同じ新年の最初の朝を表した言葉です。「一月一日 元旦」と重複させないよう注意しましょう。

 

挨拶を添える場合の注意点

挨拶を添えるときの注意点は?

「賀詞」、「年号」、「名前」で年賀状は成立しますが、そこにひとこと添えられていると嬉しいものです。添え書きをする際にも幾つか注意することがあります。


「忌み言葉」に注意

まず気を付けたいのが「忌み言葉」です。 新年のお祝いの挨拶状ですから、「別」、「離」、「失」、「衰」、「去」などの言葉は使わないようにします。 よくある添え書きで「去年はお世話になりました」というものがあります。 「去」は去るという意味の忌み言葉ですから、「旧年」、「昨年」などに言い換えましょう。


句読点について

また、年賀状を含め、相手に敬意を払った文章には句読点を付けないのが一般的です。 年の始めから区切りを付けないようにとの意味もあるようです。添え書きの区切りはスペースや改行を用いると読みやすいでしょう。

 

年賀状を送る時期

いつ送ればいいの?

年賀状はなるべく1月3日までに相手に届くようにしたいところですが、松の内(1月7日)までに届けば失礼にはなりません。
郵便局の年賀状の受付が例年12月15日前後です。郵便局で確認しましょう。
12月24日前後までに投函しておくと元旦に届けることが出来るようです。
少し早めに丁寧な年賀状を準備して、皆様、良いお年をお迎えください。