年賀状まめ知識

喪中はがきのまめ知識

喪中はがきとは

「喪中はがき」って何?

その年に身内に不幸があった場合、喪に服するため新年の挨拶を欠くことをお知らせする挨拶状のことで、年賀欠礼状とも言います。

 

喪に服する親族の範囲

喪に服する親族の範囲は?

一般的には第2親等までと言われています。
人により、生活を共にするなどしていて悲しみが深い場合には、範囲を拡げて喪中とすることもあるようです。

親等表
 

喪中はがきを送る相手の範囲

送る相手の範囲は?

喪中はがきは、年賀欠礼状ですから、例年、年賀状のやりとりのある方へお届けしましょう。

 

喪中はがきを送る時期

いつ送ればいいの?

喪中はがきは、相手の方が年賀状を書かれる前にお届けします。
ですから11月中か、遅くとも12月初旬には差し出しましょう。
ただし急な不幸の場合には、この時期を過ぎてもやむを得ないでしょう。


12月下旬でのご不幸の場合や、行き違いで年賀状をいただいた場合

また、12月下旬でのご不幸の場合や、行き違いで年賀状をいただいた方には、松の内(1月7日)を過ぎてから寒中見舞いをお送りしましょう。

 

喪中はがきの種類(私製・官製)

私製と官製どちらを使うの?

喪中はがきは、礼を尽くすために手間を掛け
「私製はがきを使用し、弔事用の切手を貼る
というのが通例です。
ただし、近年では、急な場合や差出枚数が多いなどの事情によって、官製はがきを使用する方も増えています。ご無理のないよう、ご自身にあったものをお選び下さい。